肘内障

2~3歳の幼児に多発します。手を強く引っ張った時に肘の痛みが強く、上肢をだらりと下げて動かさない。肘の腫脹は無く、整形外科受診により安易に整復され直ぐに上肢を動かします。原因は橈骨頭が輪状靭帯から外れ、亜脱臼になっている状態です。一度起こすと小学校低学年までまた起こす可能性がありますので、引っ張ったりする時は両手を使うといいでしょう。特に、キャンプや旅行時等肘内障を起こすと病院を探すのが大変になります。